レーシック後には感染症が発生することも

レーシックにおきましては、手術が終わった後はしばらく目を清潔に保ちながら日々の生活を送る必要があります。
レーシックの後には、しばらく目が敏感な状態となってしまっているので、感染症にかかってしまう確率が高くなっているのです。 レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。
感染症と呼ばれているものは、レーシックの手術をしたことによる副作用であったり、または拒絶反応ということではありません。
角膜を切った時の切り口から、何らかの細菌が入ってきてしまい引き起こされてしまいます。

 

レーシックの手術を受けた後には、手術をした切り口が正常に近くなるまで意識的に目を清潔に保って生活をしましょう。
もしも感染症の疑いがあるのでしたら、すぐにレーシックをしてくれた担当医に相談をするようにしてください。



レーシック後には感染症が発生することもブログ:2021-5-11

みなさんは、
脚やせに重要な事って、何だと思います?

もちろん食事や運動も重要です。
でも、日々の生活習慣も、かなり重要なんですよね。

日々の生活に問題があると、
減量を頑張ったって効果はあまり期待できません。

では、日々の生活のどこに問題があるかというと…
まずは、座り方です。

脚を組んで座るのは、
癖になっている方が多いですね。

でもこれは、骨盤の歪みを引き起こす座り方なので、
出来るだけしないように気をつけましょう。

好んで履く方も多いヒールの高い靴やミュール、ブーツなどは、
骨盤に大きな負担が掛かりやすくなっています。

骨盤というのは、脚の軸になる大切な部分です。
その骨盤を、座り方やヒールの高い靴などで歪ませていては、
身体の重心が左右に歪み、脚に負担が掛かることになります。

姿勢にも、脚が太くなってしまう原因が隠されています。
近年、現代人に多く見られる姿勢。
それは、親指が地面についていない指上げ歩きが原因の猫背です。

猫背というのは、外見からしてもいかにも不健康そう。
猫背は、脚にも大きく影響します。
猫背の原因である指上げ歩きは、要注意ですよ!

本来、人の身体は全ての指とかかとで踏ん張ってこそ、
綺麗な姿勢で歩けるようにできています。

親指が地面についていない猫背の歩き方は、
足裏のバランスが悪化し、
足首を補助する大腿部、
ふくらはぎやお尻に余計な力が入ります。

余計な力が入ると、不自然な筋肉がついて、
綺麗な姿勢で歩けなくなります。
ですから、脚と姿勢は深い関係があるのです。