レーシックはまだまだ歴史が浅い

レーシックの治療において今現在利用されている技術というのは、まだ確立され始めてから歴史が浅いものとなります。
ですので多くの人々がレーシックの手術に対して不安を持っており、なかなか手術を実施出来ないという状況になっているのです。 これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。
レーシックの手術で最悪の失明をしてしまうかもということですが、これはほぼあり得ないといえるでしょう。
当然レーシックによって何が引き起こされるのか分からないという状況は、その他の盲腸などの手術と変わりは無いのです。

 

他の病気や疾患の手術でもリスクはあるのと同じでレーシックにもリスクはあります。
レーシックでの失明の可能性というのが、その他の手術と比べて低いという根拠はどこにも無いのです。



レーシックはまだまだ歴史が浅いブログ:2021-5-01

シェイプアップの基本として、
ご飯の量を減らすためには、
満腹中枢がキーポイントになります。

満腹中枢というのは、
ご飯をし始めてから一定の時間がやってくると、
「ウエストいっぱい」というサインを出します。

ミーたちは、満腹中枢への刺激によって、
ご飯を終了するのです。

ですから、
満腹中枢を刺激するまでの時間、
いかにご飯の量を少なくするか
ということがポイントになってきます。

まずは
しっかりかむように心がけることです。

一回食べ物をくちに運んだら、
最低30回かみ続けると
十分な時間をつぶすことができます。

また
野菜を積極的に摂取するようにしましょう。

サラダなどは
結構な量があるように見えますが、
そんなにカロリーは高くないのです。

ですから、ご飯の中に
野菜料理を一品以上入れるように心がけましょう。

またご飯前にも一工夫が必要です。
ご飯をする直前に水を飲みましょう。

水を飲むことによって、胃への刺激になります。

また、胃のスペースも水によって
多少は少なくなりますから、
入れることができる食べ物の量を減らすこともできます。

大体コップ一杯程度の水を飲んでおけば、
十分な効果を発揮するでしょう。

ご飯を通じて心がけることは、
ゆっくりと食べるということです。

子供と同居している場合には、
一緒に食べるように習慣づけるといいでしょう。

子供と一緒に食事をすれば、
何らかの会話をする必要があります。

しゃべりながらですから、
ご飯のペースも自然と落とすことができます。

ということは、
満腹中枢が刺激を受けるまでの
ご飯の量も自然と減ってきますから、
シェイプアップ効果を得ることができるわけです。